2015年03月31日(火)

人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜き」の心理学 

人はなぜ集団になると怠けるのか - 「社会的手抜き」の心理学 (中公新書)人はなぜ集団になると怠けるのか - 「社会的手抜き」の心理学 (中公新書)
著者:釘原 直樹
出版社:中央公論新社
出版日:2013/10/22

評価〔B+〕 意外と研究されているようです。
キーワード:集団、社会的手抜き、怠惰、

彼は、集団サイズが大きくなればなるほど集団全体のアウトプットと個人のアウトプットの合計の差が拡大することも明らかにしている。(第1章より抜粋)


テレビドラマや漫画で「力を合わせれば1+1が2でなく、3にも4にもなる!」なんて台詞をよく見たりします。しかし、研究によると集団で行っているぶん責任感がなくなり、むしろ2よりも小さくなってしまうそうです。各々が全力を出しているにも関わらず、です。この個人の能力の低下を社会的手抜きと呼び、様々な角度から解説しています。

綱引きをはじめとする分かりやすい例からはじまり、どのような作業の時に発生しやすいのか、個人の性格、集団のサイズ、性差、文化と実に多くの項目で研究がなされていることに驚きました。もっと簡単にまとめた本かと思っていたので。ブレーンストーミングの効果の調査や、一つの作業を複数人が確認する多重チェックの落とし穴は具体的で興味深く、いろいろと応用が利きそうです。

スポーツの手抜きとしてプロ野球の敵地での勝率の悪さ、国家の手抜きとして第二次世界大戦の真珠湾攻撃を例に挙げていますが、これらは社会的手抜きと断言できるか疑問が残ります。前者であればファンの目がなくても成績のために頑張るでしょうし、後者は手抜きというより油断なのではないでしょうか。関係なくはないけれど・・・・・・といったところです。

手抜きには罰を与える考えは一見良さそうなのですが、実は効果が期待できないそうです。集団の上に立つ人は、こういうことを頭に入れ人を動かしてほしいですね。



スポンサーサイト

[ 2015/03/31 17:33 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/776-1c94c88d