2015年03月12日(木)

極黒のブリュンヒルデ 11 

極黒のブリュンヒルデ 11 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 11 (ヤングジャンプコミックス)
著者:岡本 倫
出版社:集英社
出版日:2014/10/17

評価〔B+〕 新しい章に突入します。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「薬の心配はなくなったけど・・・もう一つ不安なことがある」(本文より抜粋)


ヴァルキュリア編も終わって、本書から新しい話が始まります。まずは、表紙を飾っている佳奈を中心に話は展開していきます。中盤の彼女の自己紹介シーンが良い感じ。

ひとまず危機は脱したのですが、またしても違う難題が立ちはだかります。その問題は、鎮死剤のように解決策が分かっているわけではないので、鎮死剤よりもやっかいです。どうなってしまうのでしょうか。まだ読者や魔女たちが知らない謎がありそう。

今まで同様、テンポよく話が進むので飽きません。新しい登場人物も多かったせいか新鮮でした。記者の二人はどこまで真相に近づけるのかが気になるし、九の後任も・・・・・・なかなかの強烈な個性の持ち主です。当面の敵はあの人になるのでしょうか。

危機に陥った彼女は、どのようにして切り抜けるのか。次回も楽しめそうです。


スポンサーサイト

[ 2015/03/12 21:37 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/772-a77653c6