2015年02月01日(日)

センゴク外伝 桶狭間戦記 5 完 

センゴク外伝 桶狭間戦記(5) <完> (KCデラックス ヤングマガジン)センゴク外伝 桶狭間戦記(5) <完> (KCデラックス ヤングマガジン)
著者:宮下 英樹
出版社:講談社
出版日:2010/12/29

評価〔B+〕 これも歴史の流れなのか。
キーワード:戦国時代、桶狭間、織田信長、今川義元、

決戦の地に“奇跡の雨”が降り出していた。(本文より抜粋)


冒頭の商人たちの思惑とは裏腹に、戦いは激戦となります。

それぞれの軍勢がどのように動いたかが分かるのも良いですが、それ以上に信長や義元の気概や考えが伝わってきたのが良かったです。前にも書きましたが、義元は今まであまり良い評価をされていないだけに、本シリーズでは才気ある人物として描かれています。決戦に挑む姿が堂々としていて格好良い。雪斎とともに非常に魅力的でした。もし雪斎がいたとしたら、戦いの成り行きもだいぶ違ったのでしょうか。

一方、信長も決死の覚悟で挑む姿は迫力があり、義元とは違う感じで目を引きます。完成された今川家と対比するように、銭の申し子で弱さを持つ者。義元は時代の流れを感じていたように見えましたが、信長はどうだったんだろう。「人間の限り業を尽くすのみ」の台詞の後の行動が、本シリーズの信長らしく、そして格好良く感慨深かったです。

戦国時代に興味がない人も読んでもらいたい漫画です。桶狭間の結果を知っていても十分楽しめると思います。



スポンサーサイト

[ 2015/02/01 22:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/758-503ae978