2015年01月28日(水)

センゴク外伝 桶狭間戦記 4 

センゴク外伝 桶狭間戦記(4) (KCデラックス ヤングマガジン)センゴク外伝 桶狭間戦記(4) (KCデラックス ヤングマガジン)
著者:宮下 英樹
出版社:講談社
出版日:2010/10/06

評価〔B+〕 桶狭間へ向けて。
キーワード:戦国時代、桶狭間、織田信長、今川義元、

「その飢饉の先に、なにが起こるのか」(本文より抜粋)


両雄がともに力をつけ、決戦の時が近づきます。

義元が尾張へ侵攻するのは上洛するためと何かで見たのですが、本書では侵攻の理由は違います。時代の流れから、唐鏡の申し子として動いたから、どちらにせよ興味深い内容です。一方、信長は巨大な勢力を前にして苦悩するわけですが、熱田や津島などの勢力とのやり取りもしっかり描かれていて良かったと思います。どのような流れで信長が戦いに挑むかが分かるので。

今川と織田の戦いは最終巻で全て語られるのかと思っていたら、本書で前哨戦というべきものが描かれています。こうした戦いもあったんですね。緊迫した雰囲気を保ちつつ、次の最終巻へと続きます。5巻も期待しています。


スポンサーサイト

[ 2015/01/28 21:17 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/757-263f6a5c