2014年12月30日(火)

2014年のまとめ 

もう30日、残すは大晦日のみとなりました。今年の読書の総括です。

2014年に読んだ書籍は125冊でした。昨年よりやや多いのですが、漫画がかなり多かったので、数字ほど本を読んだという感覚はありません。その内訳ですが、

小説 (20)
ライトノベル (18)
漫画 (64)
4コマ漫画 (1)
随筆 (1)
社会・歴史 (4)
心理・哲学 (2)
自然科学・医学 (10)
言語 (0)
実用 (5)
WEB漫画 (0)

となりました。

漫画が昨年の2倍以上で、全体の51パーセントを占めています。確かに漫画は良く読んだなあという記憶があります。特に夏は漫画ばかりと言っても過言ではなかったと思います。しかし、4コマ漫画はほとんどと言っていいほど読んでませんね。嫌いになったのではなく、好みに合いそうなものが見つからなかったのが原因です。じっくり探します。

小説もライトノベルも少しずつ減り、自然科学・医学が増えました。理系の新書も読みたいなと感じていたので、それが反映しているのではないでしょうか。心理・哲学が減ったのは意外でした。部屋には結構あるので、勘違いしていたようです。

また、評価別の数は以下のとおりです。

〔S〕 2冊
〔A〕 19冊
〔B〕 93冊
〔C〕 10冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

今年はSが2冊ありました。「2」と「密室殺人ゲーム2.0」ですが、後者は読み終わった直後からまた読みなおし、しばらくずっと読み返していました。S-ではなくSにすれば良かった。どちらも創作でしたので、来年は新書でSをつけたくなるような本が読みたいです。一方、悪いほうはというと、Eは0だったもののDは1冊ありました。意見の違いは仕方ないのですが、近年どんどん新書の内容が軽く、薄くなってきている気がします。数は少なくなっても、読み応えのある面白いものを出版してほしいですね。

予想よりもBの割合が多かったです。4分の3がB。今年は結構評価が散らばるようにAとCを多くしたつもりでしたが、そうでもありませんでしたね。もう少しAとCが多くても良かったかもしれません。来年はそうしよう。

昨年に続き、電子書籍を利用しています。セールの時をうまく利用して購入しています。電子書籍は読む権利をどこかの組織が一括して管理してくれれば、どの電子書籍サイトがつぶれないで長く使えそうか、などと考えずにすむのですが。長い間ずっと解決しないのを見ると、やはり難しいのでしょうね。

来年も漫画を多めに読もうかと思いますが、活字本も疎かにすることなく読む予定です。バランスが大切。娯楽のための本も良いのですが、知的好奇心を満たすような本が良いです。もしくは、良くも悪くも衝撃的なものも読みたいですね。それでは、良いお年を。


スポンサーサイト

[ 2014/12/30 22:22 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/746-cafb2efe