2014年12月29日(月)

君は淫らな僕の女王 

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)
著者:岡本 倫
出版社:集英社
出版日:2013/02/19

評価〔B+〕 昴の台詞が極端で笑ってしまいます。
キーワード:恋愛、青春、SF、

「あなた…言いましたよね。何でも言うとおり」(本文より抜粋)


恋愛ものでエッチな感じの作品は数多くあると思いますが、それでいて笑えるものはどのくらいあるのでしょうか。本書はその3つがそろった稀な漫画だと思います。

幼馴染で容姿端麗な才女・昴を追いかけ進学校に入学した男の子が、昔のように親しい仲に戻れず、それどころか避けられていて不満を溜め込んでいる――と、よくあるような始まり方ですが、そこはこの著者、ブリュンヒルデ同様、ある不思議な現象を十分に活かし面白い物語にしています。

性的表現は思っていたよりも直接的でした。言葉だけかと思ったら……といった感じ。いやらしいことはいやらしいのですが、単純に性欲が強すぎるからではなく、純愛だからなのが良いところです。とは言え、急に過激な発言をする彼女には、大いに笑わせてもらいました。インパクトがあるのは最初だけだろうと思っていたら、ずっと酷かったです。(褒め言葉) なんであんな台詞が出てくるんだか。純愛とエロスとギャグの配分が非常に上手です。

人に薦めるかと言ったら、うーん、どうしようかな。なんか恥ずかしいから迷います。(笑)



スポンサーサイト

[ 2014/12/29 21:27 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/744-d8034395