FC2ブログ







2009年03月29日(日)

ハードボイルド・エッグ 

ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)
著者:荻原 浩
出版:双葉社
発行:2002/10

評価〔B-〕 ラノベのように楽に読めます
キーワード:探偵、サスペンス、コメディー

この事件に私以上にふさわしい探偵がいるだろうか。(本文より抜粋)


かなり前の話になりますが、本を読まなかった某友人から小説って結構面白いねと言われ、誰の作品を読んだの?と訊ねたら挙げた名前の1つが荻原浩でした。僕も読んだことがなかったので、後で読んでみようと心に留めておいたのですが、なかなか機会がなくて……。そのことを思い出して、まずはこの本を手にしました。

裏表紙にはあらすじが格好良く紹介されていますが、その実態は冴えない探偵と助手がドタバタしながらも1つの事件を追うお話です。主人公は理想の探偵を目指して色々とかっこつけていますが、傍から見ると全然決まっていなくて、かえって笑いを誘うところが良い味を出しています。助手との掛け合いもノリがよく軽快です。現実に生きていくため、舞い込んでくる仕事に取り組んでいる主人公を見ていると、彼に限らず探偵とはこんな仕事なのかもと思わされます。

この本は事件の関係から、動物について詳しく書かれています。ペットを飼っていない僕にとって、なかなか新鮮な話でした。こういう新しい知識や世界が垣間見られる小説は、登場人物や舞台がより生きてくると思います。作者の取材力のみせどころ。

サスペンスのようなコメディーのような雰囲気で進んでいくので、このまま山場もなくゆるい感じで終わるのかなと少し心配しましたけれど、終盤にクライマックスあり心にしみるシーンありと楽しませてくれました。裏表紙のようにぼろぼろと泣けはしませんでしたが、良い終わり方だったのではないでしょうか。


スポンサーサイト

[ 2009/03/29 18:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/74-19dee0e1