2014年11月26日(水)

透明人間の作り方 

透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)
著者:増田 英二
出版社:秋田書店
出版日:2014/05/08

評価〔B〕 謎の少女が謎で良い感じ。
キーワード:学園、現代、SF、

「何のしがらみにも縛られない、自由な存在よ」(本文より抜粋)


小さな島で退屈な人生に飽き飽きしていた少年・真二のもとに、謎のメールが届きます。件名は「透明人間の作り方」。このメールの後、彼の日常は変化していきます。

やや軽めな雰囲気で始まりますが、序盤だけでどんどんシリアスになっていきます。Amazonの書評で「世にも奇妙な物語にありそう」で評されていますが、確かにあっても納得してしまいそうです。ちょっと長いけどね。サスペンス風なんとか。なんとかの部分を言ってしまうと結末が分かってしまうので、読んでのお楽しみということで。話はきちんとまとまっていますが、斬新とは言えないかも。しかし、その場にあった雰囲気を描写するのが上手いと思います。明るい時は明るく、怖い時はきちんと怖いです。

同じ著者の「実は私は」に興味を持ったのですが、試しに読んでみたのですが結構重くて驚きました。「実は私は」がラブコメもしくはギャグらしいので、これもてっきりそうかと思い込んでました。絵柄に個性があるので好みは分かれると思いますが、本書には合っていたと思います。「実は私は」のファンにも好評のようです。


スポンサーサイト

[ 2014/11/26 21:14 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/730-5b2b74ae