2014年10月30日(木)

Q.E.D.証明終了 37 

Q.E.D.証明終了(37) (講談社コミックス月刊マガジン)Q.E.D.証明終了(37) (講談社コミックス月刊マガジン)
著者:加藤 元浩
出版社:講談社
出版日:2010/10/15

評価〔B+〕 どちらも興味深いです。
キーワード:推理、謎解き

「いかに良質のデータを集めるか、そしてそれをどう読み解くかがプロファイリングの鍵となります」(本文より抜粋)


プロファイリングの講習会で起きた事件を解く「殺人講義」と、アニメ製作会社の災難の真相を追う「アニマ」の二つが収録されています。

前者は、ドラマや映画などでも目にするようになったプロファイリングを、やさしくおおまかに説明しています。簡潔に言えば確率論なのですが、先入観をなくすには良い手法かと思います。「誕生日問題」は知っていましたが、こういう感覚とのズレはもっとありそうですよね。

後者は、本シリーズらしく人の死なない事件なのですが、事故なのか故意なのか、嘘をついている人はいるのかいなのか、様々な可能性を考慮しなくれはならないので推理するのが難しいです。真相が分かる結末まで読むと、色々と考えてしまいます。単に推理もので終わらないのが良いです。

前の巻があまり良くなかったのでちょっと心配しましたが、本書はいつもどおり面白かったので安心しました。Aにしようか迷ったくらい。

スポンサーサイト

[ 2014/10/30 20:33 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/716-7112806b