2014年10月26日(日)

ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編 下 (講談社BOX) 

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編(下) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編(下) (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版社:講談社
出版日:2008/10/01

評価〔A-〕 盛り上がった。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

「今の世界に祟る神が何人いる?人が試すことに耐えられる神が何人いる?」(本文より抜粋)


皆殺し編の続きです。皆の訴えは沙都子を救うことができるのか。そして、あの人物の運命の行方は。箱に「オヤシロさま、ついに降臨!」のシールが貼ってありますが、オヤシロさま上巻で既に出てます。そんなこんなで下巻です。

前半は沙都子の事件の結末で、後半は祭りの後に起きる怪事件です。前半も盛り上がるのですが、個人的にはあの人物が抵抗する運命の全貌が明らかになるのが、より盛り上りました。特に、上巻で紹介され一番謎だった、ルールの直接的原因が明らかになるのが大きいです。知っていたとはいえ引き込まれます。目明し編がミステリーっぽい面白いなら、本編はひぐらしシリーズの良さ・らしさが一番出ていて面白いと思います。アニメを視聴した時も、運命の発端が語られる次よりも、本編のほうが盛り上がりました。

次回はどうなるのかは、本文中でほんのすこしだけ書かれています。ここまできたら、最後まで読みますし、読みましょう。


スポンサーサイト

[ 2014/10/26 18:21 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/715-c3393019