2014年09月27日(土)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫) 

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)
著者:辻村 深月
出版社:講談社
出版日:2010/01/15

評価〔B+〕 伏線回収が心地よいです。
キーワード:現代、クリエイター、若者、

たくさんのアクセサリーを身につけて、立っていた。だけど、すぐにわかった。忘れるわけがなかった。(本文より抜粋)


クリエイターたちが暮らすスロウハイツに動きが出始めます。新しい住人・莉々亜は、どのように関わってくるのか。

評価が高いわけが分かりました。上巻、下巻の前半での何気ない出来事が、終盤で一気に回収されます。物語の中心はやはりコーキの天使ちゃんでした。殺人事件からスロウハイツに至るまで、綺麗に一つに繋がります。最終章のために何百ページも費やしたのが分かって納得しました。読後感も良いです。

難点はというと、やはり長いことでしょうか。伏線のために話が長くなるのは仕方ないのかもしれませんが、重要でない人物の描写をバッサリ切れば、もう少し短く、テンポよくなったんじゃないのかな。そうすれば、もっと好印象だったのに。主役のあの人たち以外の扱いも、多少伏線の回収で見せ場はあったものの、だいぶあっさりしたものでした。ちょっと残念。

読みやすい文章なので、本の厚さほど長さは感じませんでした。住人たちの性格が気に入れば、読み切るのもあっという間だと思います。著者に興味が出てきたので、後で違う作品も読んでみようかなと思っています。



ネタばれ下巻予想の答え合わせは続きにて↓

【ここからネタばれ】
上巻の感想で書いた下巻予想について。

環が驚いた郵便物ははずれましたが、鼓動=莉々亜は当たりましたし、重要ではないけれど莉々亜が過去の殺人事件の関係者なのも当たりました。珍しいこともあるものです。

それよりも幹永舞の正体が分からなかったほうが悔しいです。疑いながら読んでいれば分かるのでしょうか。また、コーキの天使ちゃんも、最終章の最初のページあたりでやっとピンときました。様々な要素を考慮すると、あの人しかいないのが分かります。名乗り出ない理由が良かったです。

なぜか推理やサスペンスっぽい話になるのかと思い込んでいたので、こんな心温まる話になるとは予想外でした。これはこれで良いですけど。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2014/09/27 20:53 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/701-63270ffa