2014年09月06日(土)

O/A 7 

O/A (7) (カドカワコミックス・エース)O/A (7) (カドカワコミックス・エース)
著者:渡会 けいじ
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
出版日:2012/11/01

評価〔B〕 ラジオ番組もある結末へ。
キーワード:アイドル、ラジオ、仕事

「オペレーション・オーロラはもう…、終わりを迎える時期なのかもしれないわね」(本文より抜粋)


アイドルのためのイベント「NI−1」終了後、変化していく2人。その変化はラジオ番組にも影響が。本作品の最終巻です。

ゆたかの成長物語として見た場合、最後まできっちり描いていると思います。6巻の最後も本書の中盤のライブも、彼女のアイドルとしての魅力を存分に出ています。ああいうシーンの演出はうまいよね。また、彼女にとってラジオ番組が重要であると意識させる事件が起きるのですが、解決のしかたを含めてこの漫画らしくて良かったです。ただ、予想よりラジオ番組の話が少なくて残念でした。題名なのですから、もっとこう何かあっても良かったと思うのですが。

また、はるみの物語として読んだ場合は、どうしても物足りなさを感じてしまいます。本音を言い合える仲としての彼女だけでなく、一から努力する彼女の姿も描いて欲しかったです。

シリーズ全体の評価はB-~Bくらいでしょうか。本書はやや駆け足ぎみでしたが、決めるべきところはきちんと決めて終わります。1巻から最終巻まで質も落ちず安定感があり、安心して気軽に楽しめました。


スポンサーサイト

[ 2014/09/06 21:11 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/694-9c6bf018