2014年08月03日(日)

月見月理解の探偵殺人 3  (シリウスコミックス) 

月見月理解の探偵殺人(3)<完> (シリウスKC)月見月理解の探偵殺人(3)<完> (シリウスKC)
著者:白梅 ナズナ
出版社:講談社
出版日:2013/04/09

評価〔B+〕 心理描写が豊かでした。
キーワード:探偵殺人ゲーム、人狼、漫画化

「明日だな。明日もうじき答えがでる」(本文より抜粋)


ライトノベル原作の漫画化、3冊目です。クラスでの一騒動、ネットでのゲームの行方、そして過去の事件の真相が明らかになります。

原作小説と粗筋は同じですが、絵があるぶん迫力があります。怖い表情がうまいのはもちろん、その他の心理描写も読み手に訴える力があると思います。理解が初に、彼女の能力とそれにまつわる過去を話す場面が良かったです。

原作を既読であるにも関わらず、結構漫画は漫画で楽しめました。活字では想像するしかなかった場面も、絵があることによってより物語の中に入り込みやすかったです。絵の力は分かりやすく大きいと改めて感じました。漫画を先に読み後からライトノベルを読んだら、どのような感想を持つのでしょうか。聞いてみたいですね。




スポンサーサイト

[ 2014/08/03 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/682-5c3da35a