2014年07月27日(日)

月見月理解の探偵殺人 1 (シリウスコミックス) 

月見月理解の探偵殺人(1) (シリウスコミックス)月見月理解の探偵殺人(1) (シリウスコミックス)
著者:白梅 ナズナ
出版社:講談社
出版日:2013/03/08

評価〔B〕 理解、再登場。
キーワード:探偵殺人ゲーム、人狼、漫画化

「今度は仮初めの世界じゃない。俺様と君とで、本物の探偵殺人ゲームをしようじゃねぇか」(本文より抜粋)


高校生の都築初(つづきうい)が、突如現れた少女とあるものを賭けてゲームをする物語です。同タイトルのライトノベルをニコニコマンガでコミカライズし、それをさらに単行本として漫画化したものです。

まず、原作は数年前に既に読んで当ブログでも感想を書いているので、詳しい紹介は省きます。すみません。ニコニコマンガは、次のコマが自動で表示され、BGMや効果音もつきます。言わばネット媒体の漫画のようなものです。これを見て興味を持ちました。

内容は原作と変わりませんが、表現の仕方が違うので印象が違います。ニコニコマンガを見ているときも感じたのですが、ミステリーというよりはサスペンスホラーのような印象を受けました。表情が怖い、のようなコメントがたくさんついていたのを覚えていますが、まさにそのとおりです。著者は理解の表情を描くの上手いよね。

分かってはいましたが、粗筋を知っているので新鮮さはありませんでした。残念だけどしょうがない。





スポンサーサイト

[ 2014/07/27 21:25 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/680-c44b2797