2014年07月13日(日)

偶然のチカラ 

偶然のチカラ (集英社新書 412C)偶然のチカラ (集英社新書 412C)
著者:植島 啓司
出版社:集英社
出版日:2007/10/17

評価〔B+〕 偶然と必然から人生を考えます。
キーワード:偶然、哲学、処世術

自分の力だけでうまくいくことなど、この世にそうたくさんはありません。そんなときにこそ、偶然か必然かという根源的な問いかけが生まれるのです。(本文より抜粋)


人生において、偶然(運)なのか必然(運命)なのか分からない出来事はたくさんあります。偶然を題材にした書籍は、たいてい幸運をつかむ方法が書かれていますが、本書は偶然の仕組みから始めて、占いや確率論の枠を超えてどのように物事に対処するのが良いのか説いたものです。

偶然という分かっているようで分からないものを理解しようと試みているためか、あちこちに話が飛んで、ややまとまりに欠けると思います。しかし、科学なら確率論だけ、占いならひたすら霊的なもののみで解説していくのではなく、ギャンブラーや歴史書の逸話、そして宗教の思想をも取り上げて論じているのが新鮮でした。

いくつか処世術が書かれているのですが、「自分で選択しないように心がける」が印象に残りました。自分の力で運命を切り開く!みたいな自己啓発本が多い中、この考え方は興味深いです。他の本と同じような結論のところもありましたが、説得力があり、かつ押しつけがましくないのが本書の特徴かもしれません。

重要な文は大きめで太めの書体が使われています。最初読んだ時は強調し過ぎて読みづらいなあと思ったのですが、今、こうして見返すぶんにはどこが主張したい部分かすぐ分かり良いですね。



スポンサーサイト

[ 2014/07/13 18:06 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/675-02edffc6