2014年06月30日(月)

リチャード三世 (新潮文庫) 

リチャード三世 (新潮文庫)リチャード三世 (新潮文庫)
著者:ウィリアム シェイクスピア
出版社:新潮社
出版日:1974/01/30

評価〔B+〕 凶悪な主人公が歯止めなく悪事を働きます
キーワード:戯曲、シェイクスピア、イギリス文学、

「おお、残虐非道のリチャード! あわれなイングランド!預言してやるぞ、どんなみじめな時代も、いまだかつて見なかった恐ろしいことが、きっとお前のうえに起る。」(第三幕 第四場より抜粋)


王の一族であるグロスター公リチャード、のちのリチャード三世が権力を得るために、手段を選ばず邪魔者を排除していく物語です。イギリスの薔薇戦争を題材に書かれたシェイクスピアの初期の悲劇。

陰謀をめぐらし、身内を騙していくリチャードの姿はまさに極悪非道です。ある女性の夫と子供を殺しておいて、その女性を口説こうとするのには驚きました。自分の欲望のためなら無理かどうか悩まず、他人の気持ちも考えません。誰でも容赦なく退けていきます。彼がこれでもかとばかりに悪人の主人公として描かれていて、なんかすがすがしいくらいです。ただ、単に悪い奴としてではなく、頭が回り口も達者と無能ではないところが興味深いです。

登場人物が多く、かつ同じ名前の人物も何人かいるので、読むのに少々苦労しました。傍らにメモを書きながら読んだのは久しぶりです。それと、薔薇戦争について何も知らなかったので、巻末の解説は助かりました。もし、家系図を頭に入れてから読んでいたら、作品をもっと深く味わえたでしょう。こうした分かりやすい解説は、理解の助けになり本当にありがたいです。



スポンサーサイト

[ 2014/06/30 20:41 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/673-8f6cf417