2014年06月07日(土)

地球移動作戦 (下) 

地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)
著者:山本 弘
出版社:早川書房
出版日:2011/05/05

評価〔B〕 細やかな現象の解説も良いです。
キーワード:SF、宇宙、未来

地球に暮らす人々に何よりも深く訴えかけたのは、レポーターや科学者の言葉などではなく、シーヴェルの輝きそのものだった。この頃になると、塵雲は金星よりも明るくなり、日没後の西の空に高く輝くようになっていたのだ。(本文より抜粋)


巨大天体2075Aの接近による、未曽有の危機を描いた物語の下巻です。

上記の引用のような地球規模で起きる現象に、SFならではの緊張感や壮大さを感じ、なんだか高揚しました。本作の見せ場の作戦も、日常では味わえないものがあって良かったと思います。ただ、話としては予想を大きく外れることもなく、奇を衒ったストーリーにもならず、物語自体は期待していたほどではありませんでした。

序盤最後のユーナとジェノアPの会話みたいなものがもっと見たかったです。意思を持つ機械・ACOMの存在が、著者の他作品同様、人間とはまったく異なる感性や欲望を持っているは良かったと思います。あまり人間らしくてもダメで、あまりかけ離れていてもやっぱりダメで……なかなか難しいものですね。

全体的に著者らしい前向きな作品でした。


スポンサーサイト

[ 2014/06/07 22:49 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/667-ff6d510e