2014年04月28日(月)

紅殻のパンドラ 2 

紅殻のパンドラ (2) (カドカワコミックス・エース)紅殻のパンドラ (2) (カドカワコミックス・エース)
著者:六道 神士
出版社:角川書店
出版日:2013/08/09

評価〔B-〕 方向性が不明瞭な感じ。
キーワード:SF、未来、アクション、コミカル、

「生憎、今は君に売ってあげられる「平和」の持ち合わせがなくてね――――。代わりといってはなんだが――――」(本文より抜粋)


ブエルの暴走を止めるため、福音とクラリオンは奮闘します。前回に比べて性を感じさせる描写は減り、SFのほうへ傾いてきました。SFは好みなので歓迎です。

パンドーラデバイスを使うシーンは格好良いですし、新キャラ・崑崙八仙拓美(コロバセタクミ)もウザル同様極端な人物で存在感がありますが、読んでいてどうも引き込まれるような面白さを感じません。次を読みたい!という欲求が弱いとでも言いますか……。新人レポーターなど好きなところも面白いところもあるのですが、全体としてみるとそうでもないのはなぜなんだろう。慌ただしいからか、謎が多すぎるからか、展開がゆっくりだからか、うーん単純に好みに合わないのかな?

勢いは1巻のままで、ようやく最序盤が終わって本格的に動き出した雰囲気です。面白くなるかどうかはまだ判断できないなあ。


スポンサーサイト

[ 2014/04/28 21:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/654-8f8b0bf4