2014年03月29日(土)

アラクニド 8 

アラクニド(8) (ガンガンコミックスJOKER)アラクニド(8) (ガンガンコミックスJOKER)
著者:村田 真哉、いふじ シンセン 他
出版社:スクウェア・エニックス
出版日:2013/03/22

評価〔A-〕 予想以上の暴れぶりです。
キーワード:殺し屋、アクション、虫、現代

こ、この戦い方…威圧感、「針蟻」そっくり…。(本文より抜粋)


セーラー服の少女「巨針蟻」が戦いの場へ登場します。軍隊蟻すら狼狽えさせる彼女の能力と目的が明らかになります。

強い。圧倒的強さです。中盤から終盤にかけてのあの人との戦闘が盛り上がりました。やったと思ったらやってない、やられたと思ったらまだ終わっていない、まさにバトル漫画といった感じで面白かったです。でも、殺し屋としては非常に使いづらそう。味方としてもどうなのか。軍隊蟻が頭を悩ませるのも分かります。「巨針蟻」の強さの秘密がまだ分かりませんが、あの強さに納得いくような説明がつくのでしょうか。ま、アラクニドは盛り上がれば理屈は二の次でもいいかなーとも思います。

回想シーンでのみご登場の「蜘蛛」がいつものことながら格好いい。出てくると笑ってしまう「竈午」とはえらい違いだ。(笑)

何しに来たか分からなかった「螽斯」の意図が、ようやく本人の口から話されます。意外な終わり方の可能性が出てきた蜘蛛狩り。はたしてどのような結末になるのか楽しみです。



スポンサーサイト

[ 2014/03/29 21:34 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/637-0c24df5e