2014年03月25日(火)

今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス) 

今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
著者:角川書店
出版社:角川書店
出版日:2002/03

評価〔B〕 本当に幅広い説話集です。
キーワード:説話集、古文、

さて、帰宅してこの一件を妻に語ると、「あなたっていう人は、盗人以上にしたたかでいらっしゃる」と言って、妻は吹き出した。(P178より抜粋)


十二世紀初めに成立した話数一千数十という巨大な説話集「今昔物語集」の紹介本です。他のビギナーズ・クラシックスと同じように、訳文・原文・解説の順で読みやすく分かりやすい構成になっています。

部台は日本だけかと思っていたら、天竺(インド)部や震旦(中国)部もあって、当時のありとあらゆる物語を集めたかのようで驚きました。シャカや帝から地方役人や盗賊にいたるまで、本当に様々な人物が登場します。しかし、有名人よりは一般人の話のほうが面白いです。変装した妻を口説く夫など、なんか現代でも存在しそうな人物ばかりで。また、芥川龍之介の小説の元となった作品もいくつかあって、どこか違うか見比べてみるのも面白いと思います。

千を超える説話集を二百数十ページにまとめたので分量は多くありませんが、もう少し見てみたい気もします。古典を読むと、昔も今も人は変わらないな~と思わずにはいられません。


スポンサーサイト

[ 2014/03/25 21:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/635-75d16e34