2014年03月19日(水)

ひぐらしのなく頃に 解 第一話 目明し編 下 (講談社BOX) 

ひぐらしのなく頃に 解 第一話~目明し編~(下) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に 解 第一話~目明し編~(下) (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版社:講談社
出版日:2008/06/03

評価〔B+〕 圭一の知らない真相です。
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

捜せども捜せども見つからず、……忘れかけてさえいた、仇の存在。それが、幸か不幸か、私の前に再び現れようとしている。(本文より抜粋)


上巻から一年後、詩音が圭一と出会う場面から始まります。細かい人物紹介や人間関係をとばして、ひたすら詩音の行動と心境を描写しています。

綿流し編の圭一から見て、理解しがたかった魅音や詩音の言動の真意がここで明らかになります。まさに解答編といったところです。ひぐらしの中ではこの目明し編が一番推理要素が強くて好みです。アニメで見た時は、次々に暴露される事実が面白かったですね。印象に残るお話でした。

上巻のケジメの場面もそうですが、本書でも残酷な描写があります。でも、そういうシーンがあるからこそ、あの「鬼」という言葉に迫力がでてくるのだと思います。

アニメでは触れなかった園崎姉妹のさらなる秘密も描かれています。鯛の刺身の話。僕のようにゲームをプレイしてなくアニメだけ見た方にはまだ秘密があったのかと驚くと思うので、本書を読んでみてください。

今回、綿流し編を読んでからだいぶ時間が空いたので、もう一度読まなければ理解できないかな~と思っていたのですが、きちんと要所を押さえて書かれていて分かりやすかったです。思い出しやすいように書かれているのでしょうか。すんなり読むことができました。


ネタばれ話を少々↓

【ここからネタばれ】
梨花がスタンガンをくらうシーンについて。詩音は梨花が奇声を吐き続けていると言っているけど、良く読むと彼女は「はにゅぅー…はにゅぅーー」と言っていて、アニメを見て真相を知っている者からすると意味が分かってなるほどね、と思います。こうした伏線は、注意深く探せばもっとありそう。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2014/03/19 20:21 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/633-6041ebd6