2014年03月08日(土)

パラドクス・ブルー 5 

パラドクス・ブルー(5) (ブレイドコミックス)パラドクス・ブルー(5) (ブレイドコミックス)
著者:nini、中西達郎 他
出版社:マッグガーデン
出版日:2011/02/10

評価〔B〕 終わるには終わりましたが。
キーワード:謎解き、現代、推理、クイズ・パズル

「犯人の正体は不明…。といっても賢い君達のことだ。そろそろ絞りこめてきた頃だろう?」(本文より抜粋)


逆襲編へ突入し、再び天使の試練に立ち向かうこととなったA校生徒会の5人。記憶喪失の彼女も加わり、一連の事件を解決へと導くことができるかどうか。

結論から申しますと、一応完結します。ですが、まだまだ説明されていない謎が多く、著者が表紙カバー裏に書いているように疑問はほとんど解消したとは思いません。劇中のノリと言い、見え隠れする設定と言い、どうも著者の既知の部分と読者に開示されてた部分に差があるような気がしてなりません。

試練を攻略したクリスティアと記憶喪失の彼女がだいぶ面白くしてくれました。後者はあの性格が地なのだろうか……。解答編であるにも関わらずきちんと天使の試練あったのが良かったですね。

最大の謎が解明しどうにかこうにか形になって、かなりホッとしました。できればあと1冊くらい使って、最後までじっくりと説明して欲しかったです。ちなみに、本作に続く小説がWEBで公開されているようなので、気になる方はそちらもチェックしましょう。



ネタばれは続きにて↓

【ここからネタばれ】
天使の試練についてあれこれ。

繰り返しが起きる根本的原因、システム・パラドクスブルーこそきちんと説明して欲しかったなあ。蒼十郎の頭の中だけでループしている、ではクリスティアの変化に説明がつきませんし……。

あと、神堂先輩の過去も少しでいいから説明してくれないと、どういった経緯で今に至ったかがよく分かりません。読み終わったときは、結構謎が明らかになった!と思ったのですが、色々と未解明のものが多いです。


【ネタばれここまで】

スポンサーサイト
[ 2014/03/08 23:13 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/629-09a9ba84