2014年03月03日(月)

戦闘破壊学園ダンゲロス 1 

戦闘破壊学園ダンゲロス(1) (ヤングマガジンコミックス)戦闘破壊学園ダンゲロス(1) (ヤングマガジンコミックス)
著者:横田 卓馬
出版社:講談社
出版日:2012/06/06

評価〔B+〕 ジャスティス学園を思い出します。
キーワード:学園、アクション、能力バトル

「ハルマゲドンが始まった以上…」「『生徒会』と『番長グループ』は死に絶えるまで殺しあうのみ…!!」(本文より抜粋)


私立希望崎学園の魔人と称される超能力・異能力者たちが、「生徒会」「番長グループ」の二派に分かれて戦う超能力バトルアクションです。同名小説を漫画化したものです。厳密に言いますと、この原作小説にも元となったゲームがあります。著者が考案したテーブルトークRPGが最初にあり、その後自ら小説化し、さらにそれを漫画化しています。

著者の執筆本から予想できていましたが、人物名も能力名もところどころ真面目にふざけているのが特徴です。能力名がなぜそうつけられているか分かると、さらに面白いと思います。絵はギャグのものではなく、ババーン!って擬音が似合いそうなくらい迫力あり格好良く書かれています。内容が酷くてもナレーションがなんか格好良いので騙されてしまいそうです。

能力を使うといっても今のところは頭脳戦はないので、深く考えずに楽しめます。漫画の雰囲気もそんな感じです。

話の展開自体はもちろんふざけてはなく、前半は登場人物紹介なのでややゆっくりした展開ですが、全面戦争に突入してからは緊迫したアクションの連続で面白いです。とはいえ、まだまだ始まったばかりなので断言はできませんが、きっと予想を裏切る方向にどんどん進んでくれそうで楽しみです。




スポンサーサイト

[ 2014/03/03 19:22 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/627-16a75613