2014年02月28日(金)

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち 

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)
著者:岡田 尊司
出版社:光文社
出版日:2013/12/13

評価〔A-〕 自覚があるので気をつけないと。
キーワード:心理学、回避性、愛着障害、人生観、社会問題、

回避型愛着スタイルの最大の特徴は、他人との間に親密な関係を求めようとしないという点にある。(本文より抜粋)


性格分析の本が好きで結構読んでいるのですが、回避性と呼ばれるタイプがあります。消極的、失敗を恐れるなどの特徴があるそうで、自分はこれに近いかなと思っています。本書にも題名の中に回避性とあったので、すぐピンときて手に取りました。

回避性愛着障害とは親密な関係を避けるタイプで、僕の知っていた回避性の性格を含むもっと大きな枠での分類です。どのような性格であるのか、どうしてそのような性格になったのか、利点と欠点は何かを、具体例を挙げて説明しています。淡々とした解説なので面白みに欠けるのが難点でしょうか。このタイプの人々の一面をより深く考察した4章の愛情・性生活や、5章の職業生活は興味深かったです。

また、こうした人を個人の問題で終わらせないで、少子化・晩婚化社会の原因かと危惧しています。なるほどと思いましたが、全て幼児期の育てられ方で説明がつくとも思いませんでした。経済的事情などもありますしね。

いろいろと当てはまっていることが多く、正直耳が痛いです。でも、こうした事実に目をそむけず、本書に書かれている克服法を参考にし、自分の人生の改善に役立てようと思います。




ちなみに巻末のテストの結果は、A安定が4、B不安が10、C回避が6、D未解決が0でした。分類上は不安型になるのでしょうか。参考にします。

スポンサーサイト

[ 2014/02/28 21:18 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/626-9c55131c