2014年01月11日(土)

極黒のブリュンヒルデ 3 

極黒のブリュンヒルデ 3 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 3 (ヤングジャンプコミックス)
著者:岡本 倫
出版社:集英社
出版日:2012/11/19

評価〔B+〕 新キャラが続々登場。
キーワード:SF、現代、魔法、宇宙人

「君から連絡を寄こすとは珍しいじゃないかね、良太」(本文より抜粋)


キカコとの一戦後、目の前の危機は去って魔法使いたちは再び平穏を取り戻します。

今までほどの緊張感はなく、つかの間の日常編といったところです。小鳥の脱走後の回想のように、暗くシリアスな場面ももちろんありますが、前の2冊に比べたら穏やかで明るい雰囲気です。特にカズミが目立ってます。これでもかってくらい。良太とのギャグシーンも健在です。あの肘は見事でした。(笑)

また、依然として残る鎮死剤の問題を解決すべく、良太はある人物を頼ろうとします。これが吉と出るのか凶とでるのかまだ分かりませんが、少しずつ謎が明かされそうで目が離せません。

軽さと重さの配分が良いのか、テンポが適切なのか、かなり面白いです。変に路線変更せず、この調子でどんどん突き進んでほしいです。


スポンサーサイト

[ 2014/01/11 21:05 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/608-b62d816a