2013年11月29日(金)

万能鑑定士Qの短編集 II 

万能鑑定士Qの短編集II (角川文庫)万能鑑定士Qの短編集II (角川文庫)
著者:松岡 圭祐
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2012/12/25

評価〔B+〕 今回は全て個別のお話です。
キーワード:鑑定士、知識、雑学、連作短編集

「気づきません? これまで得た情報から導きだされる結論はたったひとつです。もう不可解な謎なんかじゃありません」(第1話 物理的不可能より抜粋)


Qシリーズの短編集2巻です。5編収録されていますが、短編集1巻とは少し違って依頼人も場所も別々です。それはそれで短編集の良さが出ていて良いと思いました。

1巻の感想でも書きましたが、長編でも短編でも面白さはあまり変わりません。凜田莉子の鑑定は瞬時に物事を見破るので、短編のほうが向いているのかもしれません。探偵ではないですしね。事件簿のほうで登場した人物が再登場したり、既に終わった事件として話題に挙がることがあるのも1巻と同じです。

第5章のソメイヨシノ事件は、珍しく読んでいるうちに犯人と真相の予想がつきました。

テンポ良く読めるのが長編との違いでしょうか。事件解決までが早いです。まとまった時間が取れなくても気軽に読めます。



スポンサーサイト

[ 2013/11/29 21:19 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/593-61a4d043