2008年12月29日(月)

ファンタスティカ  

ファンタスティカ (角川コミックス・エース 119-3)ファンタスティカ (角川コミックス・エース 119-3)
著者:ゴツボ★マサル
出版:角川グループパブリッシング
発行:2008/10/25

評価〔C-〕 良いんだけどしっくりこなかった
キーワード:ファンタジー、ギャグ

すごい事になりますので……(本文より抜粋)


表紙を見て興味を持ち、ネットの書評を見て読んでみようと思った作品です。まだ読んだことのない人で、できればギャグが読みたいな~と思っていたので、ちょうど良かったと言えば良かったです。

舞台は剣と魔法の世界、”竜殺し”の兄・ジョシュアと兄に追いつくためがんばる弟・ピエールを巡る物語です。細かい設定はなく、ファンタジーに詳しくない人でも簡単に馴染めるところはマル。兄弟で別々に話が進行し、後半で二人が会って2つの流れが1つになるところもなかなか。どちらの話が好みかといえばピエールのほうです。ジョシュア側はザウリやロンドンなど人物が1巻完結にしては多かったので、もう少し減らして欲しかった……。続きがあればそれはそれでいいと思うのですが。キャラは結構個性が出ていて面白いです。好きなキャラは魔女っ子メリーさん。脇役ですが。

はじめてこの人のギャグを見て、平野耕太のHELLSINGを思い出しました。ギャグ絵が似ている時があるような気がします。普通の時の絵柄は全然違うんだけどね。

話は1話が好きです。すっきりしていて良いです。4話全て読んだ感想は、なんかまとまりに欠ける漫画だなぁ、です。良いんだけれども、どころなく不足しているような感じがします。もしかしたら好みの問題かもしれませんが。この1冊だけでは自分の趣味にあっているか、よく分かりませんでした。もう1冊くらい読まないと。また機会があったら読んでみようと思います。



スポンサーサイト

[ 2008/12/29 23:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/59-c682e14f