2013年11月15日(金)

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より 

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)
著者:岡田 斗司夫 FREEex
出版:幻冬舎
発行:2012/09/28

評価〔B+〕 問題解決の本です。
キーワード:人生相談、悩み、新聞、

一つの特殊な相談に答えるのではなくて、そう背景の問題全体に答える気持ちで考える。すると、自分の中にある引っかかりにも答えることになる。(ステージ7より抜粋)


オタク趣味をどうのこうの言う本ではありません。新聞の人生相談コーナーをもとに、問題に対する考え方を説明する本です。人生相談を取り扱っていますが、個々の悩みを見て色々な人生があるなあと眺めるだけではなく、どのように悩みを分析し具体的な解決へと導くのかが鍵となっています。

著者の回答へ至るまでの思考及び思考法が紹介されています。それらの考え方は真似するのが難しいものもありますが、悩みを解決する有効な方法だと思います。10以上あるので無理に全部使いこなそうとせずに、自分にあったものを使うのがよさそうです。

実際に紙面でやり取りした事例が多数載っていて、かなり興味深いです。人気の回答者らしく、どこかで聞いたような答えはあまりありません。ユニークな回答が多く面白いです。いくつもの中から差し迫った問題を見つけ優先する「仕分け」や、0か100かではなく数値化して相対的に考える「メーター」は、具体的で悩み解決に大いに役立ちそうです。

ただ、『上から目線だけだと言葉が届かない』と書いてありながら、時折上から目線を強く感じることがあって気になりました。答える難しさは分かってはいるのですが、やはり嫌なものです。また、思考法はともかく得られた意見や結論がユニークで、本当にこの考え方で考えたのかなと思う回答がいくつかありました。親身になるのが大切と説きながら、そうでもなさそうなものなど。それとは別に、単純に著者の回答が好きでなかったり、意見が合わなそうなのもありました。価値観の違いだから仕方ないのかな。

人の悩みを聞くときに注意すべき点や、悩みの解消方法を知るにはかなり有益な一冊だと思います。




スポンサーサイト

[ 2013/11/15 21:15 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/589-5f88511c