2013年11月09日(土)

All You Need Is Kill 

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
著者:桜坂 洋
出版:集英社
発行:2004/12/18

評価〔B+〕 ラノベで有名なループもの。
キーワード:SF、戦争、

次のループになにもぼくは持っていくことができない。持っていくことができるのは、孤独と、誰にも伝えられない恐怖と、手に染みついたトリガの感覚――。(本文より抜粋)


裏表紙にも書いてありますし有名なので明かしてしまいますが、本書はいわゆるループものです。特定の人物が特定の期間を何度も繰り返す物語。新人兵士のキリヤ・ケイジは、ループすることとなった初めての戦闘から抜け出すことができるのか。

謎の生命体・ギタイとの戦争を舞台としていて、日常ではなく非日常のループとなっているのが特徴です。ギタイは人間が敵の場合よりも不気味な感じがして、SFアクションっぽいと思います。ループ前の初回の戦闘が良かったです。

ループを抜けることは可能なのか、とループもの独特の謎と、どうすれば戦闘で生き残れることができるのか、という緊張感の2つが良い具合に混ざっていて面白いです。やれることをやると決意し、極めて厳しい状況に立ち向かう姿が良いですね。

ループの原因と脱出手段が意外にあっさり示されたので、もう少しそれらしい描写があったらよかったのにと思いました。1冊でまとめるために、テンポとスピードを重視し省けるところは省いた結果なのでしょうが……。

ところで、7ページの目次ですが、あの『3-8』と書いてある数字は何でしょうか。各章と節の番号?そうであれば、図は物語の流れを表しているのでしょうか。後で調べてみるか。

後半からところどころ駆け足気味だったのが残念です。2冊に分けてじっくり書くのは考えなかったのかな。もう少し分量があれば、より面白くなりそう。しかし、本書も、結末について好みが分かれるかもしれませんが、きちんと終わっているので読みたい方はご心配なく。



スポンサーサイト

[ 2013/11/09 18:25 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/588-1deada41