2013年11月03日(日)

ホーカスポーカス 2 

ホーカスポーカス 2 (フラッパーコミックス)ホーカスポーカス 2 (フラッパーコミックス)
著者:倉薗紀彦
出版:メディアファクトリー
発行:2012/12/22

評価〔B〕 もう少し続いて欲しかったです。
キーワード:手品、マジック、エンターテイナー

それにしても……あの覆面チーム……。一体何者なんだ!?(本文より抜粋)


上位入賞チームには専用ステージでショーをする権利が与えられる、学内オーディションが始まります。なりゆきで決まってしまったミノルたちのチームは、難題にどう立ち向かうのか。

チームのメンバーひとりひとりに見せ場があり、課題に対して挑む姿がよくありそうなパターンとは言え面白いです。課題をとおして手品とはマジックショーの本質とは何なのかを考えるのが、この漫画の良いところでもあり盛り上がるところです。

カップアンドボールの回が印象的でした。某メンバーが指摘したあの率直な意見は、素人が思っている以上に非常に重要なんだと思います。他の漫画でも言っていたのを思い出しました。

絵も見やすいし表情も豊かで見ていて楽しいだけに、ようやく面白くなってきたところで終わってしまうのが残念です。この調子でしばらく成長物語を見てみたかったです。次の漫画は少し長めのものを読んでみたいですね。


スポンサーサイト

[ 2013/11/03 17:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/586-ddc89aa3