2013年10月14日(月)

万能鑑定士Qの短編集 I 

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)
著者:松岡 圭祐
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2012/10/25

評価〔B+〕 短編でも変わらず。
キーワード:鑑定士、知識、雑学、連作短編集

「僕もあのバスケットの正体は知りたいよ。安く買い取ったら意外にも高価な物だったなんて、質屋の夢だからね」(本文より抜粋)


豊富な知識でなんでも見破る鑑定士・凜田莉子が活躍する、万能鑑定士Qの事件簿シリーズの短編集です。短編集とは言っても主要人物たちは変わらず登場するので、正確には連作短編集ですね。

彼女が代官山の質屋、ジャック・オブ・オールトレーダーズに代理鑑定士として働きにくるところから始まります。長編同様、膨大な知識でなんでも鑑定し、周囲を驚かせます。短編になってもあまり違和感ないのではと予想していたとおり、雰囲気は長編とほとんど変わりません。ただ、事件簿シリーズの話が過去のものとして会話の端々に出てくるので、僕のように全巻読んでいないかたにはネタばれになってしまうこともあるのでご注意を。Amazonの商品名に、『万能鑑定士Qの短編集I: 16 』とあったのを見て間違いかと思ったのですが、間違いではありませんでした。やはり出版順に読んだほうがよかったようです。また、過去の事件だけでなく他の巻で登場した人物も登場します。誰かは読んでのお楽しみということで。あ、小笠原は当然のごとく出ていますよ。

Qシリーズを本書から読み始めるのも良いかもしれません。試しに事件簿の1巻を読もうとしても、話が続いているので2巻まで読まなければなりませんからね。少しでもネタばれが嫌な方は、やはり出版された順に読むのがよろしいかと思います。



スポンサーサイト

[ 2013/10/14 09:55 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/577-d3eba332