2013年10月03日(木)

日本語は「空気」が決める 社会言語学入門 

日本語は「空気」が決める 社会言語学入門 (光文社新書)日本語は「空気」が決める 社会言語学入門 (光文社新書)
著者:石黒 圭
出版:光文社
発行:2013/05/17

評価〔B〕 言葉の適切さを研究する学問です
キーワード:言語、話し言葉、言葉づかい、

社会言語学の立場からすると、「正しい敬語」は存在しません。あるのは「ふさわしい敬語」だけです。(本文より抜粋)


社会言語学という分野があるのを本書を読むまで知りませんでした。言語学と聞くと品詞や動詞の活用、古語を研究しているイメージですが、社会言語学は仕組みそのものではなく実際に話されている生の言葉を研究する身近な学問です。

話し言葉や言葉づかいは話す相手によってを変わるのは当然ですが、話し手の立場や年齢、話題の内容、会話の場所・状況などによっても変わるのを分かりやすく説明しています。興味深いのは地域方言の効果で、キリスト教の一説を大阪弁に翻訳した文章を読むと、同じ内容でも言葉によっていかに印象が変わるのかが実感できて面白いです。また、日本語の特徴である人称表現の多さについても解説されていて、日本の社会が年齢を重視してきたかが分かります。

終盤は言語と政治や文化の関係が述べられています。方言として存在している八重山語や八丈語は、ユネスコでは独立した言語と認識されていて興味深いです。こうした言語の危機もそうですが、言語学者として英語の早期教育にも警鐘を鳴らしていています。

今までの経験から既に理解している項目もあるので、全て目新しいわけではありませんでしたが、一冊の本としてまとまっているで知識を整理するには便利です。題としては「空気」ではなく「状況」にしてほしかったかな。「空気」という言葉があまり好きではないので。



スポンサーサイト

[ 2013/10/03 21:25 ] 言語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/573-963560c0