FC2ブログ







2013年08月25日(日)

こうして彼は屋上を燃やすことにした 

こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)
著者:カミツキレイニー
出版:小学館
発行:2011/05/18

評価〔B+〕 お悩み解決物語。
キーワード:現代、学園、オズの魔法使い、

「一緒にやりません?復讐。死ぬのはそのあとでも遅くないでしょう?」(本文より抜粋)


失恋から自殺を決意した加奈は屋上にあがりますが、そこで妙な三人組と出会います。お互いを『オズの魔法使い』の登場人物の名前で呼び合い、加奈に飛び降りる前に復讐することを提案します。彼女はひとまず思いとどまり、3人からドロシーと呼ばれることとなりました。屋上を舞台にした青春物語です。第5回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作。

ドロシーこと加奈はライオン、カカシ、ブリキとそれぞれの問題に直面し、なんとかしようと頑張ります。青春ジュブナイルとありますが嫌なこと辛いことがテーマとなっているので、明るい話や可笑しい話を読みたい方には向かないでしょう。しかし、復讐とは言っても陰湿な印象は受けませんでした。過激ではありましたけど。真面目で重い内容のせいか、ライトノベルというよりは一般小説に近いと思います。イラストがなければライトノベルレーベル以外からでも出版できそう。

問題の解決方法があっさりな気もしますが、希望が持てるような内容で読後感が良いです。なんかこう清々しい、すっきりした、前向きになれるような気持ちになりました。気に入っているのは、仲間の問題がひとだんらくし、加奈の復讐方法を仲間と相談する場面です。実行したドロシーはえらいです。実写化してほしい。


スポンサーサイト

[ 2013/08/25 11:06 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/558-86b75f17