FC2ブログ







2008年12月04日(木)

未来日記モザイク 

未来日記モザイク (角川コミックス・エース 129-11)未来日記モザイク (角川コミックス・エース 129-11)
著者:えすの サカエ
出版:角川グループパブリッシング
発行:2008/11/26

評価〔B+〕 みねねと他のキャラの接点
キーワード:未来予知、殺人ゲーム

私は絶対神に祈ったりしないわ(本文より抜粋)


今回もヤンデレ由乃が大活躍……ではなく、9thこと雨流みねねが主役の外伝です。

最近また急に読みたくなってきたので調べてみたら、7巻と本書が同時発行されていました。まだ6巻を持ってないので外伝と6巻のどちらを先に読もうかと迷ったのですが、外伝のほうが興味あったのでこちらから。みねねは好きなキャラってのもあったしさ。帯には200万部突破の文字が。5巻を買ったときは帯が100万部だったから知名度は上がっているようです。

この外伝は1つの大きな話ではなく、5つの短編からできています。それぞれ独立した話ですが、本編を読んでいれば見えない繋がりも見え、1つに繋がっていることがわかります。そういった意味では連作短編集なのだろうか。作者もまえがきに書いているように、取りこぼしをまとめた感じです。補完としての『未来日記を手にする経緯』と『御目方教に捕まる経緯』はまさに語られなかったエピソードで良かったです。平坂黄泉が良い味だしてると思います。さすが正義の味方。ちなみにこの番外編では雪輝と由乃は出番ありません。しかし、主役の2人がいないと随分印象が変わるものだなあ。なかなか新鮮です。

みねねはいまいちテロリストの肩書きがしっくりこなかったのですが、この巻を読めば彼女の過去と行動原理となっている信念が分かって、違和感がなくなりました。納得いったと言ったほうが良いのかな? 魅力が増しました。


スポンサーサイト

[ 2008/12/04 21:57 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/55-adc93083