2013年07月31日(水)

100文字でわかる 世界の宗教 

100文字でわかる 世界の宗教 (ベスト新書)100文字でわかる 世界の宗教 (ベスト新書)
著者:一条 真也
出版:ベストセラーズ
発行:2006/12/06

評価〔B+〕 宗教の簡易版イミダス
キーワード:宗教、三大宗教、要約、

世界中の宗教について「これ以上は無理」というところまで、徹底的にわかりやすく解説しました。(まえがきより抜粋)


宗教用語を簡潔に説明している宗教入門書です。著者は学者ではなく冠婚葬祭会社の経営者で、日頃から宗教と深くかかわっているようです。学者以外でもこういう仕事をしていると詳しくなるのですね。なんか感心してしまいました。

三大宗教、ユダヤ教、ヒンドゥー教を主に扱っています。まずよく聞くが詳しくは知らない言葉を100文字で解説し、隣のページに補足説明があります。取り上げられている単語は、旧約聖書、カトリック、シーア派、密教と顕教、などです。本書の題名どおり100文字だけ読んでも大まかには分かりますが、興味があれば補足も読んだほうがためになります。雑学を学んでいるみたいで面白いです。

難しい概念はやはり文字数が足りないためか、分かりづらいのが残念です。それと、本書はあくまで宗教についてほとんど知らない分からない人向けなので、興味を持ちもっと知りたくなったら、自分で他の本をあたるなり詳しい人に聞くなりすべきでしょう。ある程度知っている方には既知のことばかりだと思います。

まえがきで触れていますが、国際人、国際ニュースをよく見たり外国の人と頻繁に交流する人にとって、特に役に立つでしょう。手軽に読めて、簡易辞典のようにパラパラ調べることができるので、今後もちょこちょこお世話になるかもしれませんね。



スポンサーサイト

[ 2013/07/31 21:35 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/548-52f2f83e