2013年06月28日(金)

地獄変・偸盗 (新潮文庫) 

地獄変・偸盗 (新潮文庫)地獄変・偸盗 (新潮文庫)
著者:芥川 龍之介
出版:新潮社
発行:1968/11/19

評価〔B〕 どこか怖い感じ
キーワード:文学、近代、短編集

ああ、これでございます。これを描く為めに、あの恐ろしい出来事が起ったのでございます。(地獄変より抜粋)


芥川が平安時代を題材に書いた“王朝もの”の短編集です。名前だけは聞いたことがある「藪の中」や表題作「地獄変」などが6編収録してあります。本書の作品は、解説によると全て「今昔物語」と「宇治拾遺物語」を元にアレンジしたものだそうです。入手したのが改版なので、文字が大きくて見やすいので助かります。

印象に残ったのは「地獄変」です。地獄変という言葉の意味が分からなかったのですが、どうやら地獄の様子を描いたもののようです。高名でありながら性格の悪い絵師・良秀が、権力者に地獄変を描けと言われたのをきっかけに起きた、ある出来事が綴られています。裏表紙には芸術と道徳の相克・矛盾とありますが、そう難しく考えなくても何か感じるものがあるほど凄まじいです。良秀を理解できるかできないか、はっきり分かれそう。

また、有名な「藪の中」は何ともいえない読後感でした。面白い手法だと思いますが、最終的にどう解釈してよいのやら……。でも、物事は一面から見ていては分からない、真実は人によって変わりえるものだという懐疑的な人生観は分からなくもないです。読み終わった後、いろいろ考えてみるのが興味深い短編です。

他の感想文でも書きましたが、本書も注釈が多いのが慣れません。どうにかならないものでしょうか。読むテンポが乱れるのが気になります。悲劇的なものや分かりにくい作品が多いと思いますが、それはそれで面白く、また普遍的なものも感じました。





スポンサーサイト

[ 2013/06/28 21:20 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/539-454c669b