2013年05月31日(金)

Q.E.D.証明終了34 

Q.E.D.証明終了(34) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(34) (月刊マガジンコミックス)
著者:加藤 元浩
出版:講談社
発行:2009/10/16

評価〔B〕 隠していることを推理する。
キーワード:推理、謎解き

「連中は難民キャンプでなにかしでかしたんだ!」(本文より抜粋)


ソフトウェア会社会長で億万長者のアランの慈善団体のお話「災厄の男の結婚」と、腹部を撃たれた男の謎を追う「母也堂」の中編2つで構成されています。どちらかと言うと前者のほうが面白かったかな。

「災厄の男の結婚」は、アランが結婚を機に作った財団と某国連機関のエピソードですが、ここでは普段はあまり語られない某国連機関の負の部分を明確に書いています。現場慣れしていない人々の机上の空論は、本当にやっかいなものです。なぜ某機関が活動から手を引いたのかが焦点となっていますが、解決に至るあの重要な知識があったにも関わらず、燈馬が指摘するまで気づかなかったのは悔しい。事件解決後のアランの啖呵が良いです。

「母也堂」は、岩手県遠野の伝説・母也堂とお金をせびりにきた人間を絡めた事件です。第二の事件の証拠をどうするのかという問題を、見事に解決したのが良かったです。確かに納得がいきます。

どちらも推理するタイプではなく、難しい状況を解き明かすのを見て楽しむタイプのように感じました。こういうのも悪くありません。



ちょっとネタばれ話は続きにて↓

【ここからネタばれ】
「母也堂」の第一の事件は、第二の事件と同じ手法なのですが、飛び込みと違って生死に関わる行為を賭け(条件)にするのは、合法なのでしょうか。それとも、個人同士の取り決めなので民事不介入となるのでしょうか。第一の事件が立証されたなら、一体どうなるのか気になりますね。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2013/05/31 20:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/534-f5c9b14c