2013年04月29日(月)

モーフィアスの教室 

モーフィアスの教室 (電撃文庫)モーフィアスの教室 (電撃文庫)
著者:三上 延
出版社:メディアワークス
出版日:2008/01/10

評価〔B〕 夢からくる何か
キーワード:夢、オカルト、学園、

「……その夢のどこかに扉はあった?」(本文より抜粋)


夢はなんとも不思議な世界です。現実の世界や記憶を基にしているけれど、ありえないことも平気で起こります。都内の高校生・岸杜直人は恐ろしい夢を見ます。ただの夢かと思っていたら、現実に影響を及ぼしていることに気がつきます。どんどん事態を悪化させる悪夢を、幼馴染の久世綾乃と一緒に阻止しようとします。この夢は何なのか、サスペンスホラー系ライトノベルです。

全体的に落ち着いた感じで、登場人物の個性を売りとするライトノベルとしてはかなり静かです。物足りなく感じる人もいそうです。でも、物語の不可解な出来事や恐怖感を出すには、このくらいのほうが良いと思います。強引過ぎる展開やドタバタしたギャグはなく、堅実な印象を受けました。

自殺した生徒のヨミジ、悪夢の正体、綾乃が隠していたことなど、結構意外性があって良かったです。しかし、すべて回収するかと思われた伏線がいくつか残っているので、その点が残念といえば残念です。でも、まあ詰め込み過ぎても読みづらいので、これくらいが良いのかも。

ホラー要素があるので、怖がりな人は駄目そうですね。口絵カラー数ページが本書の印象を上手く表しているので、そこを興味が出たら読んでみてはいかがでしょうか。




ちょっとネタばれ話は続きにて↓

【ここからネタばれ】
直人が資格を得るシーンについて。あの綾乃との問答は、わけも分からず正解を導きだしたのですが、あれで良いのかな? 分かってしまうのが資格アリってことなんでしょうが、何かひとつでも説得力のあるきっかけでもあれば良かったのですが。何かを見るとかね。その点が少々気になりました。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2013/04/29 18:38 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/520-2b68ab9f