2013年04月19日(金)

世界平和は一家団欒のあとに 

世界平和は一家団欒のあとに (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに (電撃文庫)
著者:橋本 和也
出版:メディアワークス
発行:2007/02

評価〔B-〕 特殊能力者たちの家族愛
キーワード:特殊能力、超能力、現代、家族、兄弟姉妹、

家族八人、今まで何度世界とやらを救ったのだろうか。俺は知らないし、わざわざ細かく数えているのも馬鹿らしい。(本文より抜粋)


世界を救う正義の味方と聞いて、思い浮かべるのはどのような人物でしょうか。本書では、世界の危機に立ち向かう一家が登場します。とはいっても、映画のような覆面で顔を隠した筋骨隆々の人たちではありません。学校に通ったり働いていたりと、外見も内面もいたって普通です。特殊な能力を持っている星弓家の人々が、世界の危機を解決すべく動きだします。第13回電撃小説大賞「金賞」受賞作。

主人公である長男・軋人をはじめ、兄弟姉妹たちが全て違う能力を持っています。並外れた強靭な肉体を持っていたり、回復魔法を使えたり、それぞれ性格にあった能力なのが良いです。そして、スーパーヒーローものなのですが、物語の主軸が敵ではなく家族の関係である点が、本書の特徴です。巨大な敵を皆が力を合わせて撃破!と、少年漫画のような展開ではありませんので、それを期待している方はご注意を。

登場人物が多いせいか、出番の極端に少なかった人がいるのが残念でした。ヒロインもあまりヒロインの役割を果たしていないような……。日常がメインなのですが、彼らの能力に見合った事件も見てみたかったです。ちょっと物足りなさを感じました。

明るく賑やかでいて、時にはシリアスで、それで気恥ずかしい表現ですが暖かいラノベです。バトルものだとばかり思っていたので予想外の展開でしたが、返って良かったかもしれません。まさにタイトルどおりの物語です。


スポンサーサイト

[ 2013/04/19 21:18 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/516-dcea9fa5