2013年03月29日(金)

人間そっくり (新潮文庫) 

人間そっくり (新潮文庫)人間そっくり (新潮文庫)
著者:安部 公房
出版:新潮社
発行:1976/05/04

評価〔B-〕 その人物は火星人なのか?
キーワード:SF、火星人、

「じつを言うと、ぼく、普通の人間じゃないんです。火星人なんですよ」(本文より抜粋)


少し前にネットで安部公房がノーベル文学賞候補だったという記事を読み、興味を持ったので適当に何か読んでみようと手に取ったのが本書です。表紙折り返しを見ると、ノーベル賞は取っていなくても、芥川賞をはじめ沢山の賞をもらっていて海外での評価も高いそうですね。よく知りませんでした。

本書はSFで、ラジオ番組の脚本家の家に、自分は火星人だと称する人物が訪ねてくるところから始まります。どうみても普通の人間に見えるその男は、単なるファンなのか、精神病患者なのか、火星人なのか……脚本家と自称火星人の会話を中心に展開していきます。場所も登場人物も非常に限られていますので、場所を移動しない演劇を見ているかのようです。裁判所の法廷だけで進む劇のような。

劇中では火星にロケットが到着しそうでしたが、現実の世界でも最近火星に調査機が到着したばかりで、そう考えるとあまり古さを感じさせません。SFとありますが、未来を思わせる道具や技術は出てきません。しかし、SFのようなオカルトのような雰囲気はあるので、不思議な感覚を受けます。事態をややこしくしている「火星病」や「地球病」の概念が興味深いですね。

最後まで読んで、この結末ならもう少し短くても良かったのでは、とも思います。10~20ページずつ時間をかけながら読んだので、長く感じただけかもしれませんけど。文章は想像していたよりも読みやすかったです。事件らしい事件も起きず、会話だけでここまで話を盛り上げるのはやはりさすがと思いました。安部公房の他作品よりも読みやすそうなので、僕のように試しに読んでみるのも良さそうですよ。



スポンサーサイト

[ 2013/03/29 21:17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/508-67f97c45