FC2ブログ







2013年03月16日(土)

友だち幻想―人と人の“つながり”を考える 

友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書)友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書)
著者:菅野 仁
出版:筑摩書房
発行:2008/03

評価〔B〕 十代向けの人付き合い本。
キーワード:友達、社会学、心理学、人付き合い、

友だちが大切、でも友だちとの関係を重苦しく感じてしまう。そうした矛盾した意識をつい持ってしまうことはありませんか。(本文より抜粋)


結構刺激的な題名だと思います。副題につながりとあるように、身近な人とのつながりや親しさについて考える本です。十代の若者向けの本ですが、大人でも周囲の人との関係を再考する上で読んでみるのも良いかと。そのためか、文章も平易で分かりやすく書かれています。

みんな同じという同調圧力・同質性ではなく、みんな違って良いという並存性を強調しています。有名な歌詞「一年生になったら友達100人できるかな」を例に挙げていて興味深いです。確かに、誰とでも親密になれると信じすぎるのは良くないと思います。適度な距離の取りかたにも触れています。

ただ、ある程度年齢を重ねた人には、経験的に知っていることも多いように感じました。上には上がいる、人生の苦味うま味の話など。

十代で、友だちとの関係に悩んでいるなら、本書は有益かもしれません。しかし、すでに大人である自分には斬新さはありませんでした。改めて人付き合いを見直すには良いのではないでしょうか。


スポンサーサイト




[ 2013/03/16 21:38 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/505-a64f01ad