2013年02月28日(木)

羅生門・鼻 (新潮文庫) 

羅生門・鼻 (新潮文庫)羅生門・鼻 (新潮文庫)
著者:芥川 龍之介
出版:新潮社
発行:2005/10

評価〔C+〕 人間味あふれる短編集です。
キーワード:文学、近代、短編集

禅智内供の鼻と言えば、池の尾で知らない者はない。長さは五六寸あって、上唇の上から顎の下まで下っている。(鼻より抜粋)


「王朝物」と呼ばれる平安時代を題材とした歴史短編小説集です。表題作の「羅生門」と「鼻」を含む全8編が収録してあります。今昔物語を出典としたものが多いです。昔、教科書で読んだ羅生門はどのような感じだったかなと思い、読むことにしました。

「羅生門」は視覚的に強いイメージの残る作品でした。下人がどうしてあの最後の行動に至ったか、その理由を忘れていたので、読んですっきりしました。

印象に残ったのは、「鼻」「好色」と「俊寛」でしょうか。前者2つは時代を越えて通じるものがあると思います。ま、これは他の短編にも言えることなのですが、この2つが強くそう思いました。そして、「好色」の範実の主張する平中の功徳は、僕が大人になってから「こういう見方もあるよね」と思っていたことと同じだったので、驚きと共感を覚えました。また、「俊寛」は島流しにされた者の話ですが、彼らの暮らしは案外このようなものかもしれないと思わせてくれます。しかし、他の短編もそれほど面白いとは思いませんでした。一番長い「邪宗門」も未完で、これからというところで終わってしまいますし。これがきちんと完結していれば、本書の評価も違っていたかもしれません。

注釈の多さが少々煩わしく感じました。もっと話に入り込みたいのに、後ろの注釈を確認するたびに読むテンポが損なわれるのが残念でした。ちなみに、解説・あとがきは、三好氏より吉田氏のほうが分かりやすくて良かったです。


スポンサーサイト

[ 2013/02/28 22:18 ] 小説 | TB(0) | CM(1)

はじめまして。今井です。

B16dc67r
はじめまして。今井ですが はじめまして。今井と申します。
はじめまして。以前は普通の主婦でした はじめまして。以前は会社員をしていました
急ぎではありません。
はじめまして。急ぎではありませんのではじめまして。急ぎではありません
ご連絡。急ぎではありませんが。
ご連絡。確認して頂きたい事があります。
確認していただきたいのですが
確認していただきたい事があるのですが
ご連絡。先日の件で
ご連絡。先日の件はご確認いただけましたか?
ご確認いただけましたか?
先日の件について補足
先日と重複してしまう内容ですが
ご確認ください。先日の件について
先日お問い合わせいただいた件
確認できますか?
以下の項目ですが、確認いただけますか?
本当によろしいですか?
本当にこれでいいのでしょうか?
ご連絡。このままでいいのでしょうか?
ご連絡。このままでも大丈夫ですか?
以下の項目を確認してご連絡ください
ご確認頂けます

先日の件についてご確認頂けます
ご納得いただける内容でしょうか?
ご納得頂ける内容でしたらご連絡ください
http://lm0u38zM.agesage.me/lm0u38zM/
今井えりこ
[ 2013/03/04 17:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/500-a0cf8b36