2013年02月20日(水)

ひぐらしのなく頃に 第三話 祟殺し編 (下) (講談社BOX) 

ひぐらしのなく頃に 第三話~祟殺し編~(下) (講談社BOX)ひぐらしのなく頃に 第三話~祟殺し編~(下) (講談社BOX)
著者:竜騎士07
出版:講談社
発行:2008/01/08

評価〔C+〕 圭一の計画のゆくえは……
キーワード:サスペンス、田舎、昭和、

でも…耐えててくれ…。…にーにーが、……必ず助けてやるから…。(P50より抜粋)


祟殺し編の下巻です。上巻よりも薄いです。最善を尽くした圭一たちでしたが、状況を打破することはできません。そして、沙都子を救出するために、圭一はある決心をします。計画実行日を綿流しの日と定め、彼は孤軍奮闘します。

綿流しの日がクライマックスのように見えますが、このシリーズらしいのはむしろその後です。圭一の身の回りに不可解なことが次々と起こります。怖さもありますが混乱と驚きもあり、鬼隠し編と綿流し編の中間のような読後感です。

アニメで見たはずなのに、真相が分からない覚えていない箇所があって、もどかしいです。はじめて見た時の気持ちを少しだけ思い出しました。この情報で推理するのは難しいですよねえ?

上巻よりは良かったです。出題編も残り1つ。読みきります。


スポンサーサイト

[ 2013/02/20 22:27 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/499-3fff87b2