2013年02月13日(水)

誘爆発作1 

誘爆発作(1) (シリウスコミックス)誘爆発作(1) (シリウスコミックス)
著者:岡村 星
出版:講談社
発行:2011/07/08

評価〔B+〕 緊迫感溢れるシーンが良いです。
キーワード:サスペンス、現代、超常現象

「なぜこんなに胸が痛いの? なぜあなたと話してるの!?」(本文より抜粋)


若い女性整備工・真咲と心臓病の初老の男性・武藤が、20年前に起きた失踪事件に関わっていくサスペンスです。ちなみに、本書は著者のデビュー作だそうです。

2人がある日突然、感覚を共有することになります。序盤は主役たちの混乱が描かれ、説明が続くので落ち着いて読んでいましたが、後半、上記の失踪事件に関するある事を知ってしまってからが、かなり面白くのめりこみました。サスペンスとは言っても推理ものの謎解きではなく、緊張感やスリルを楽しむタイプの漫画です。真咲が見る幻覚のような不思議な光景を見るシーンが凄い。特に、中盤の「知ってた?」は秀逸です。怖すぎ。

漫画はたいていアニメと相性が良いと思いますが、この作品は実写化したほうが雰囲気が出て良さそうです。うまく映像化できたら見てみたい。

デビュー作とは思えぬつくりで驚きました。果たして事件は無事解決するのか、また2人の身に起きている現象の原因は明かされるのか。このままの質で、次の巻でもハラハラドキドキさせて欲しいです。





スポンサーサイト

[ 2013/02/13 21:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/494-5fcceb90