2013年01月11日(金)

大東京トイボックス5 

大東京トイボックス 5 (バーズコミックス)大東京トイボックス 5 (バーズコミックス)
著者:うめ
出版:幻冬舎コミックス
発行:2010/01/23

評価〔B+〕 創作活動は大変です。
キーワード:ゲーム業界、社会人、新入社員

でも、もう一度確かめたいんです。みんなの気持ち。(本文より抜粋)


ゲーム業界漫画も5冊目に突入しました。紆余曲折する「デスパレートハイスクール」の開発ですが、須田が会議で重要な決定を下します。そして、ついにむかえたα審査、それぞれの思惑が交錯します。

前の巻に引き続き、物を創作する側の葛藤はもちろん、企業で働く社会人としての責任や個人の希望や夢についても描かれていて目を惹かれます。太陽の立場だけでなく、組織の一番上に立つ月山や電算花組の半田の心中に触れているのが良いですね。

後半のゲームセンターでのある出来事が、太陽と仙水の少年時代の話と共に進行し盛り上がります。この漫画らしい展開です。この巻の序盤の台詞、「だからゲーム屋やってんだろ?」を思い出させてくれます。

終盤の会議のせいで、次の巻は荒れそうだなあ。ソリダス品証部の卜部も色々活動していて、デスパレにも絡んできそうな予感がします。このゲームが世に出るときに笑うのは誰なのでしょうか?



スポンサーサイト

[ 2013/01/11 22:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/487-2ee6907d