FC2ブログ







2012年12月23日(日)

NIGHTMARE MAKER4 

NIGHTMARE MAKER 4 (ヤングチャンピオン烈コミックス)NIGHTMARE MAKER 4 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
著者:Cuvie
出版:秋田書店
発行:2011/09/20

評価〔B〕 やはりこうなってしまうのか。
キーワード:夢、学園、青春、恋愛

現実を見なきゃいけないのに、見たくない。(本文より抜粋)


内田の思惑どおり、学園中に広まっていく夢見装置。生徒だけでなく教師にもその存在が知られ、学校が混乱状態へに陥っていきます。

夢と現実があやふやになってしまう人は今までもいましたが、この巻ではマシンの使用者が混乱して、犠牲者を出してしまいます。予想してはいましたが、なかなか辛いです。それと、前の巻で単発だと思っていた野球部の2人や、スタイルについて悩む2人の女子も再登場します。後者の片方は、どうしてあんな妄想の虜となってしまったのか。みんな、何が夢で何が現実か、ごちゃごちゃになってます。

また、灯明と彼女の家族の過去が明かされ、彼女の主義や家族への想いが分かります。現実的なのはそういうことだったのか。うーん、なんか悲しい。でも、こういう家庭って実は結構ありそうで、実際そういう環境で育った人には読むのは辛そう。灯明はもう少し報われるというか、幸福になってもらいたいですね。

ところで、茅野先生はどこまで欲望のままに突き進んでいくんだろう……。彼女はマシンの被害者なのか、それとも違うのか、はたして。

灯明の件もあってか、エッチな漫画とは思えないシリアスさで、性的表現も控えめでした。6巻で完結らしいので、どのような結末をむかえるのか終わりまで読み続けます。



スポンサーサイト

[ 2012/12/23 18:15 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/481-d736e38e