2012年12月08日(土)

幼年期の終わり(光文社古典新訳文庫) 

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)
著者:クラーク
出版:光文社
発行:2007/11/08

評価〔B+〕 異星人との遭遇、そして……。
キーワード:SF、未来、異星人、人類、

まもなく、巨大な飛行物体の群れが降下を開始した。永遠とも感じられたひととき、カリーア中の人々とともに、その威容を言葉もなく見守った。(本文より抜粋)


突如現れた異星人は、その姿を見せることなく地球を、人類を統治することとなりました。社会に安定をもたらし、そして文明も発達していきますが、彼らの真意は未だ謎のままでした。異星人との接触から人類の行く末までを描いたスケールの大きい有名SF小説です。

桁違いの科学力を持つオーヴァーロードたちや接触後の社会の変化は、現代小説とは違った読み応えがあります。近い未来こうなるのだろうかと思うと興味深いです。第2部から第3部への大きな流れは圧倒的で、少し呆然としてしまうくらいです。オーヴァーロードの目的が彼らから語られる時、なんとも言えない気持ちになりました。

登場人物が外国人のため、名前を覚えるのに一苦労しました。本書付属の栞は主な人物が記載されていて、読んでいるときは助かりました。なかなかの気配りです。感謝。

本作品はハヤカワ文庫から既に出版されています。しかし、当時の社会情勢と現代を比べてみると隔たりがあるため、第一部は1990年に書き直されたそうです。新第一部の日本語訳が読めるのは、本書だけだそうです。また、いくつかの単語も違う言葉に訳されているので、ハヤカワ文庫版と読み比べてみるのも一興かと思います。

好み……ではないような気はしますが、予想外の結末で驚かされました。インパクトがあることは確かです。翻訳ものとしては読みやすいと思うので、想像力に自信のある方にはお薦めです。



スポンサーサイト

[ 2012/12/08 11:17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/474-489392ef