2012年11月29日(木)

罪と罰10(アクションコミックス) 

罪と罰(10) (アクションコミックス)罪と罰(10) (アクションコミックス)
著者:落合 尚之
出版:双葉社
発行:2011/04/28

評価〔B+〕 新たな弥勒の旅立ち。
キーワード:シリアス、漫画化、

猥雑で、残酷で、だから世界は美しい。(本文より抜粋)


ついに最終巻となり、表紙は再び弥勒へと戻ってきました。

物語の終盤に現れた2つの道は、弥勒に多大な影響を与えた首藤とエチカによって示されたものでしたが、この巻の前半でようやく弥勒が決断します。決めた後の、彼の行動が良かったです。弥勒の葛藤から始まり、刺激、発案、苦悩と色々ありましたが、あぁこうなったのかーという感想です。この決断って原作と同じなのでしょうか。少々気になります。

最後のなのでまとめみたいな感じの巻でしたが、首藤の結末には驚きました。最初から最後まで、強烈な個性を持った彼らしいと言えば彼らしい結末でした。さらりと書かれていますが、弥勒の母についても、ちょっと驚きました。

物語全体としては、弥勒の迷いや葛藤の描写が上手かったのですが、罪の意識や自責の念はもう少し大げさでも良かったのでは、と思いました。彼以外の描写は、上記の2人が印象深かったです。首藤にしてもエチカにしても存在感があり過ぎて、主役の弥勒がしばしば目立たなくなったこともありましたが、それはまあそれで良かったのかも。

シリーズ全体の評価もB+くらい、かな? 原作を読んでいてなくても、この作品を楽しむのには支障はありませんでした。原作と比べてしまうことがないため、返って良かったのかもしれません。原作に興味があるけど難しそうだと躊躇している方は、まずこの現代日本版の罪と罰を読んでみてはいかがでしょうか。





スポンサーサイト

[ 2012/11/29 21:31 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/471-6ba3924f