2012年11月13日(火)

万能鑑定士Qの事件簿 V 

万能鑑定士Qの事件簿V (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿V (角川文庫)
著者:松岡 圭祐
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2010/08/25

評価〔B+〕 Q、フランスへ
キーワード:鑑定士、知識、雑学、フランス

「じゃなくて、個人旅行。ルーヴルとかオルセー美術館の展示品をこの目で見たいって、ずっと前から思ってたの」(本文より抜粋)


万能鑑定士Qシリーズも5冊目、今度の舞台はフランスのパリです。莉子が楽しみに練っていたパリ旅行だったのですが、彼女が一人で旅行すると聞き、同行を申し出たのはなんと高校時代の担任・喜屋武(きやん)。しかも、彼が用意した宿は、彼女の同級生だった楚辺のいるアパートでした。二人は現地に到着後、ゆっくり観光しようとしていた矢先に、楚辺を巻き込んだ大きな事件が発生します。彼女は、友人のため、事件解決へと行動を起こします。

異国の地でも、莉子の鑑定は衰えません。次々と真相を見抜く様は、何度見ても爽快です。今回のテーマは、フォアグラです。高級食材のあれ。読み進めていくと、精肉工場やレストランがいかに注意してお客へ提供しているかが分かります。一流と呼ばれるには、それだけの理由があるってことでしょうか。大変だ。日本の食品業界も品質管理・衛生管理は厳しそうですが、どれくらいのレベルなんだろう。

喜屋武先生の言動が印象に残りました。莉子の変貌に驚いたり、思わぬ一面が見れたり。活躍もしますが、特に終盤の絵葉書のシーンがさすがでした。先生、格好良かったよ。



スポンサーサイト

[ 2012/11/13 21:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/464-5faced74