2012年10月30日(火)

女と男 ~最新科学が解き明かす「性」の謎~ 

女と男  ~最新科学が解き明かす「性」の謎~ (角川文庫)女と男 ~最新科学が解き明かす「性」の謎~ (角川文庫)
著者:NHKスペシャル取材班
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
発行:2011/01/25

評価〔A-〕 ひとつの話題が短く読みやすいです
キーワード:性、ほ乳類、脳医学、生物学、進化

つまり、同じ課題を解くとき、男性は空間を把握する力を使って解いているが、女性は空間を把握する力は使ってはいなかったのだ。(第1章により抜粋)


いつの時代でもどのような文明でも、人の大きな関心事は性、特に異性のことです。書店でも、男性向けに女性の気持ちを説いた本や、女性向けに男性心理を解説した本を見かけます。本書は、NHKが2009年に放送した番組を、書籍化したものです。なお、ダイヤモンド社「だから、男と女はすれ違う」を文庫化したものでもあります。

男性はこうだ女性はこうだというのではなく、どこに違いがあるのか?から始まり、恋愛の仕組み、なぜ離婚に至るのかなど、分かってはいるが科学的に調べてみるとどうなのかに重点を置き、解説しています。進化の歴史とMRIなど科学技術を駆使した調査を組み合わせ、説得力を持たせています。

前半の内容は専門的ではありますが、分かりやすく書かれていて、軽めの科学エッセイのようでした。上記引用の、同じことを考えても男女で頭の使う場所が違う、はなかなか興味深い事実です。驚きと納得が同時に沸き起こりました。また、なぜ人は未熟な状態で生まれるのかの説明も、説得力のあるものでなるほどと思いました。女性のほうが読むのが得意な地図も、関心してしまいました。

一方、終盤の人間の性の未来については、読み応えがあり面白かったです。精子の劣化はいつだか関連記事をネットで読んだ記憶がありますが、染色体の変化の話は初めて知りました。性の仕組みが未だ変化を続けていることに驚きです。

男女それぞれの研究より、男女が向き合う現場を重視しているため、予想よりも身近で軽めに感じましたが、それでも興味深く他人に話して意見を聞いてみたいことが多かったです。




スポンサーサイト

[ 2012/10/30 21:26 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/456-ee6155c0